キラキラした未来に向かって、今、できること

子供達のあたまはとても柔軟です。
それは、成長するために沢山のことを吸収したいから。
まだまだ固定観念が少なく、オリジナルの感性を持っているこの時期だからこそ、
しっかりとしたホンモノに触れて欲しい。
ディスカバリーキッズスクール祐天寺では、子供が接する全てのものに、とことんこだわっています。

ネイチャーアクティビティ

「自然の中で思いっきり遊ぼう!」
専用の園バスで、少し離れた農家さんの畑に行って土に触れたり野菜の収穫をしたりする課外教育を定期的に行います。また、自然の多い大きな公園に遊びに行きます。雨の日にもレインコートを着ていつもの公園に行く事もあり、普段とは違った自然の表情に出会うことができるでしょう。都会ではなかなかできない自然体験も用意しています。

知育カリキュラム

大手幼児受験教室の元室長であり、現在も紹介制の幼児教室を主催する当園顧問の篠原が、「吸収力が一番高いこの時期に、受験をしないという理由でこんなに良いものをやらないなんて、どうしてももったいない!」との想いで一から作成したオリジナルカリキュラム。「ことば」「数と図形」「巧緻性」「礼儀作法」などのカリキュラムを、発達に合わせて無理なく楽しく行います。受験をする子もしない子も、全ての子供に受けて欲しいカリキュラムです。

プログラミング的思考教育

プログラミングに必要な能力とは、「順序立てて物事を構築する」「目的に向かって正しい手順を考える」ということ。専門家と共同開発した当園独自の「プログラミング的思考教育」では、PCを一切使いません。楽しみながら学べる遊びを通して、子供達の「論理的思考力」「問題解決思考」を養います。

TAG-TOY活動(現代のモンテッソーリ教具)

南カリフォルニア大における知能構造理論に基づき、ラリー・メストネック博士が開発したTAG-TOY(タグ・トイ)。その有用性から、現代のモンテッソーリ教具と呼ばれています。国際臨床保育研究所の研修を受けた職員が、自然な形で遊びに取り入れていきます。

絵本の10回読みプログラム

「ぐりとぐら」「はじめてのおつかい」などの良質な絵本を提供し続ける福音館書店。その福音館書店の発行する月刊絵本「こどものとも」と「かがくのとも」などを使い、決まった時間に1日1回×10日、同じ絵本の読み聞かせをします。これは大人からすると飽きてしまうと思うのですが、子供には全く逆なのです。より深く理解して愛着を持ち、そして中には暗唱してしまう子も。皆と同じ非現実空間を共有することで、想像力、お友達との一体感、協調性、言葉への興味、情緒の豊かさ、物事への理解など、多くのポジティブな影響を子供達に与えるプログラムです。

英語

ネイティブ講師による本物の英語指導を行います。当園では一方的に英語を聞くのではなく、ネイティブ講師が普段の活動に参加する形を採用しています。活動の中において英語でコミュニケーションをすることによって、自然な形で英語に親しみます。異なる文化に触れ、楽しみながら学びます。

ダンス

プロのダンサーが子供達に身体を動かす楽しさ、リズムに乗る面白さをお伝えします。リトミックの要素を含め身体機能だけでなく、みんなで踊ることによる一体感や、人前で自己を表現する力も育てます。

木育

TAG-TOYの他にも、月齢に合わせた多くの知育玩具を揃えています。五感をおおいに使って物に触れる幼児期だからこそ、心身に良い影響があると言われる、木で出来た良質な玩具を取り入れています。

食育

子供達に提供する食べ物は、全て園内のキッチンで調理します。
食材は出来るだけ国産のものを使用しております。
子供が自分達で調理したり、ネイチャープログラムで収穫した野菜などを食す食育イベントも季節に合わせて行います。(ブログをご覧下さい)

「ほんもの」体験

2〜3ヶ月毎を目安にで開催されるお楽しみイベント。その道の一流のプロを招いて、子供達に間近で体感してもらうことを目的に行います。何が行われるかはお楽しみ。記念すべき第2回目は、5月に行われる予定です。

リトミック

発育に合わせた内容で楽しくリトミック指導をします。子供の持つ表現力や即時反応、集中力、想像力などの発達が期待でき、音楽、リズム、楽器への興味を引き出します。0歳から取り入れられる貴重な活動です。

体操

楽しく体操を指導します。区切られた体操の時間だけでは、順番待ちなどによって一人一人の身体を動かしている時間は実は多くはありません。私たちは、普段の遊びの中にも発達に応じた体操の動きを取り入れて行くことで、本当に子供達の役に立つ運動神経を養っていきます。